苗の購入場所と品種

最初に育てはじめた苗は那覇の名護コーヒーさんにて購入。発芽してから3年目で、すでに50センチくらいの高さがあったはず。この頃は早く実を収穫してみたいってことばかり考えてたので、どんな品種だとか、いくつかの品種を種から育てるなんてことは思いついてもいない。

23

名護コーヒーさんのサイトには「アラビカ種ニューワールド」とあるのでこの時購入した苗も同じ品種だと思われる。

沖縄で育っているコーヒーの品種といえばこのアラビカ種ニューワールドというのが主流だということを、沖縄生産組合の会長宮里さんから伺った。またそのニューワールドという言い方は沖縄での呼び方らしく、正式な品種名称としては「ムンドノーボ」だとのこと。

その後、その宮里さんからニューワールドを10何本かまた購入。

さらに、2017年1月ごろ、うるま市石川にある農事組合法人うるま農場さんにて、こんどはハワイのコナコーヒーの苗 (コナコーヒーはアラビカ種ティピカ) を購入させていただいた。

IMG_6258

自分の畑のコーヒー品種はアラビカ種のムンドノーボとティピカになった。まずはこの2種から進めてみて、沖縄の環境でどう育つのかを自分なりに試していく。

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください